次女がコロナになった、とある家族の話。#2

 

 

父(51歳) 母(49歳) 長男(23歳) 長女(19歳) 次女(19歳) 三女(15歳)

 

以上のとある6人家族で、次女がコロナに感染したお話。

 

この家族のコロナへの意識はまあ人並み。

マスクはもちろんつけているし、

割とまめに手指のアルコール消毒もするし、

外から帰ってきたらしっかりと手も洗う。

人数が多い食事の席に出向くことは多いものの、

それなりの感染対策をした上、もう仕方ない状況でもある。

 

#1をまだ読んでいない方はぜひそちらから。

https://mimi238-blog.com/corona1/

 

 

 

家族が検査を受けたこの日、次女は病院に隔離されることになっていた。

自宅近くの公共施設まで迎えの車がきた。

ワンボックスカーに防護服姿の運転手と、助手席には看護師がいる。

後部座席はビニールで覆われていた。そこに座った。

病院まではおよそ1時間。道中は気を使って話しかけてくれるらしい。

 

 

 

検査当日の夜は、結果の連絡がなかった。

PCR検査の結果は検査から6時間後には出るという情報を見たので期待したが、やはりこなそう。

次女と同じ部屋で生活をしていた長女は、症状はないがもう諦めている。

次女の要請発覚以降、長女も家族との接触を避けるため部屋から出てこなくなった。

 

長女も次女も大学生で生活時間が遅めだから、

他の家族は次女との長い時間の接触はなく、陰性を願うばかり。

 

 

もし陽性だったらと考えると、買い物にすら出かけられない。

検査当日は冷蔵庫の中のものでしのげたが、翌日は厳しい。

初めて、ネットスーパーを利用した。翌日には届くらしい。

 

 

 

検査から翌日の朝、家族5人そわそわして目を覚ます。

午前中の間には結果は来なかった。

と言うが、どこから電話がかかってくるのかもわからない。

濃厚接触者だから保健所からの連絡なのか、普通に病院からの連絡なのか。

 

もう検査から24時間以上経っている。いつ結果が来るのだろう。

次女の時は夕方に検査をして翌日の朝には結果がきたのに。

そわそわするのも疲れてきた。

 

三女は不安で食欲がないらしい。

 

 

夕方になっても結果が来ないので、病院に連絡をした。

PCR検査の担当者に取り次いでもらったが、まだわからないという。

何も教えてくれない。オペレーションはどうなっているんだ。

 

 

病院では話にならず、保健所に連絡をした。

保健所にもまだ結果の連絡は来ていないという。

どうやら、検査結果は病院から電話が来るらしい。

今日の夕方か、遅くても明日の午前には来るとか。

昨日も同じことを言われた。いったいどうなっているのだ。

 

ここのところ、検査数も激増、陽性者数も激増で、保健所も手が回っていないのだろう。しかしここまでグダグダだと、収束が逆に遠のく気がする。

国民に見える表面的な対策よりも、実際の現場を改善することが急務ではないか。

 

でもその電話の中で、保健所が1つ有益なことを教えてくれた。

陰性の結果だと、連絡が遅くなったり、最悪連絡が来ないこともあるそうだ。

陽性者への連絡のほうが急務だからとか。確かに、と思った。

 

じゃあ我々家族5人は陰性なのだろうか?

次女と同じ部屋で過ごしていた長女も?

簡単には信じられないが、若干肩の荷が下りた。

これで陽性だったら、さすがにやばい。

 

 

 

隔離先の病院についた妹から連絡があった。

シャワーやトイレがついた大きな病室に次女一人。

孤独感がすごくて常にだれかと連絡を取っているらしい。

朝と夜二回の健康観察。

何か足りないものがあれば、お金を渡すと院内のコンビニで買ってきてくれるそうだ。

夜は病室の鍵を閉められてしまうらしい。

 

中でも、とにかく「ごはんがやばい」と。

病院食なので、栄養バランスが考えられた、野菜中心の食事。

いつも肉中心で割とジャンキーな食事を好む次女にはつらいらしい。

いやまて、味がしないんじゃなかったか??(笑)

味がしなくてもまずいものはまずいのだろう。

院内のコンビニのおつかいサービスでチーズやお菓子を買ってしのいだらしい。

 

 

 

不安で食欲がない三女のために、冷凍庫に入っていた鶏肉をから揚げにした。

から揚げならいつでもうまいうまいと食べてくれる。

両親と長男は、検査結果の不安と保健所へのいら立ちをお酒で流し込んだ。

 

 

 

結局この日は結果の連絡が来なかった。

いくら陰性の可能性が高いと言われても、確定ではない。

そうなると、職場に今後どうなるかの連絡ができないのだ。

せめていつわかるのかくらい、はっきり教えてほしい。

長い間働けなくなると、生活に支障をきたす。

 

でも保健所や病院など現場の人は毎日ギリギリで頑張っている。

 

さすがに明日の朝には連絡が来るだろうか。

「【コロナ】次女がコロナになった、とある家族の話。#2」に1件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です