こんにちは。

今日は赤羽駅を12時間守り続けました。

いやあ、疲れた。。

今日の記事は気になったこちらのニュースを。

この「援交ツイート」コロナ禍より前から問題視されていましたが、このコロナ禍でアルバイト収入が激減したり、学校が休みになって時間が増えた女子学生が多く発生したため、警察は特に注視しているようです。

そもそも援助交際についてそこまで詳しいわけではないのですが、女性が金銭目的で主に年上の男性とデートをしたり、場合によっては肉体関係を持ったりすることだと理解しています。

前者に関しては、肉体関係がないからと私の周りでも軽く考えている人がいて、最近は「パパ活」とも言われています。

これを収入源と考えている女子学生がこのコロナ禍で激増しているというのは正直あまり驚きません。

私は仕事柄、高校生や大学生と話すことは多いです。

その中で、頻繁にではないですが「パパ活」という言葉は聞きます。

肉体関係がないから安全だという考え方に聞こえていますが、普通に考えたら知らない年上の男の人からお金をもらって美味しいご飯を食べさせてもらうって、安全なわけないですよね。。

大抵の場合は男性の方が力が強いわけですから、万が一強制的に肉体関係を迫られたり、事件に巻き込まれたりとかいうことは考えないのでしょうか。

そこまでして目先のお金がほしいのか。

私が訴えたいのは、これで何かあったときに男性だけが矢面に立たされて責められることが多いのが問題ではないかということです。

男性側が女性を募集することもあるみたいですが、女性側が男性を募集することが多いようですから、火種を作っているのは女性の方が多いのです。

実際に今この問題に対してやっていることは、警察のアカウントでこういったツイートを発見次第注意喚起の内容を送信すること。

例え怪しい男女を職務質問で問い詰めても、お互い同意の上での関係だと言われればもう警察は何も言えません。

ですからそういった側面的なアプローチしかできないのはわかります。

何かあったら手遅れですが、何かあってからでないと動けないわけです。

この抜本的な解決にはなかなかハードルが高い気がしますが、こういったことが起こる要因の一つとして、若い方がなかなか思うように稼げないという要因があるかと思います。

この問題の原因になる女子学生は、アルバイトをしてもなかなか思うように稼げず、お金を潤沢に持っている社会人の男性に集ると。

こういったことを見ても、若い人が稼げるようにする社会の構築は有意義だと私は考えます。

もちろんそれだけでこの問題の解決になるとは思いませんし、若干こじつけ感がありますが。。笑

いずれにしろ、このニュースの「援助交際」、「パパ活」には何か起こる前にもっと動けるようにする対策が必要かと思います。

これが女子学生のスタンダードになったらと考えたら恐ろしいです。

私も今後若い女の子からパパ活をしているとか話を聞いたら、しっかりと辞めさせるように言い聞かせるようにします。。

みみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です